読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

寿司の愉悦ネタ

とにかく趣味の事を書いていくブログ。

たまには真面目に考える その2

長くなりそうとは思ったけど案の定だよ、🍣です。

 

さて、前のブログからの続きになりますが、🍣はこの問題を考えるにあたってあることに気付きました。

 

 

 

 

別にSKEのメンバーで考える必要ないんじゃない?

 

何言ってんだこのサケカス底辺が!と思われる方もいるでしょうがどうか堪えて。ちゃんと説明しますから。

 

この思考に至るまで🍣はSKEのライブ等での披露を前提に考えていました。

ですが、今回の論点はあくまで「奈和ちゃんの相方を考えること」であって「ライブで披露するメンバーを考えること」ではないのです。こじつけがましいかもしれませんが。

そりゃあライブで披露してくれたらそれほど嬉しいことはありませんけど。けども!誰とやっても結果的に自分が「あーこの組合わせいいわ、好き」ってなる未来しか見えないんです!チョロいんです!悪いか!

だったらもういっそのことグループ関係なしに考えてしまおう、という半ばやけくそな思考です。なのでここからはあくまで🍣の提案だと思って読んでください。質問、意見は受け付けますが、誹謗中傷は受け付けません。

 

 

 

じゃあ他のグループにそんなメンバーがいるのか?

 

前のブログで🍣が書いていた

・パフォーマンス力

・曲との親和性

・奈和ちゃんとの関係性

これらを要素を満たす最適なメンバーが。

 

 

 

 

 

 

いました、藤田奈那さんです


f:id:kunaengekipu:20170311070028j:image

(画像は公式サイトから取ってきました)

 

 

まずパフォーマンス、これに関しては自分もAKBの公演観てる訳じゃないので資料が少ないのですが、パフォーマンスが良いというのはネットでちらほら目にしますし、つべに上がっている映像を観て、確かにパフォーマンス力はあるなと。 

加えて「愛してるとか、愛してたとか」との親和性も悪くないと思います。衣装似合いそうだし。

 

 

そして重要なのが奈和ちゃんとの関係性。

奈和ちゃんは以前AKB48のチームAと兼任していて、その時に藤田奈那さん、武藤十夢さん、前田亜美さんと「おかぱーず」という集まりをしてました。

兼任先でここまで打ち解けられるならきっといい関係性に違いないです。

2015年にじゃんけん大会で優勝した際に制作された特番「なぁなSHOW」でも呼ばれるくらいですし。

 

 

やはり何だがこじつけがましい気もしなくはないですが、🍣的にはすごく納得できた結論です。

 

と言うわけで長々と書いて参りましたが、以上がこの問題に対しての私の意見よろしく妄想になります。まぁ考えるのは自由ですしね。

卒公でやってくれねぇかなぁ←

 

 

それでは、おつかれさまでした。