読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

寿司の愉悦ネタ

とにかく趣味の事を書いていくブログ。

手紙のこと

親の顔より見ためざ悪、🍣です。めざパ厳選だるいんじゃ。

 

とまぁそんなことは置いときまして、今回はタイトルのまんま。手紙のお話です。

よくアイドルちゃんがファンレターについて言及してるのを見ます。「辛いときにファンの方からのお手紙を読んでいる」「もらったお手紙は全部大事に取ってあります」と言った感じ。

手紙と言えば、🍣の推しの李苑さんも卒業公演の日に来場者全員に手書きで手紙をプレゼントしてました。「ファンの方が書いてくれた量に比べたら全然苦じゃない」って...いい子かよ...。いやもうすげぇよあんた最高だ...。

 

 

で、何故唐突にこんな話をしたかと言うと、自分手紙を書くのがものすっごい苦手なのです。ファンレターも書いたことないです。書こう!と思い立ってレターセットを買うまではいいんですが、買って終わり。便箋だけ他のことに使って封筒だけ残るのがいつものオチです。結局李苑さんにも1度もファンレター出さずに終わってしまったの割と後悔してる。

 

 

てめーの敗因は...たったひとつだぜ...シスマ...。たった一つの単純な答えだ...。

 

 

 

 

🍣<書くのめんどくさい

 

 

もう何て言うかめっちゃくず。読んだ人が苦笑いしてるのが容易に想像できるね! 

ほんとにね、面倒くさがりなんですよ自分。

なるべくメールや口頭で済ませたい、楽だから。

モバメやSNSの返信はガンガン出来る、楽だから。完璧に現代っ子の考えですね。

だから李苑さんのお手紙もらったとき嬉しさよりも申し訳なさがすごかった。何もしてないのにもらって済まない...ほんとうに済まない...。

あと個人的な話すると、🍵さんも手紙書くのが好きな人で、よく節目節目にお手紙もらうんですよ。細々としたのも合わせると相当な数もらってます。で、オレの方はと言うと書いたのは片手で数えるくらい。もうね...ダメだぁ(諦め)

あと書き物が苦手な理由として、自分の書く字にすごくコンプレックスがあるんですよね。どれだけしっかり書いても汚いな...って思っちゃう。実際汚いんだけど。だから自分の字を見て途中で書くのが嫌になっちゃうんですよね。

 

こんだけ長々と書きましたが要はファンレター書きたいけど面倒なんだよ!っていうただのぼやきです。

ちかこが1じゃないよ!担当になったしお便り送ろうかな、ファンレターも書こうかな、と思ったはいいけどレターセット買うに至ってない状況でのブログでござんした。また買うだけ買って終わらないことを祈る。

 

 

それでは今回はここまで、おつかれさまでした。